読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐藤光輝のActiBlog.

アクティブに駆け抜けて発見したことを発信するブログ。

人生は「有限」と意識した時から人生は変わるんじゃないの?

あとで読む

スポンサーリンク
 

現状に満足ぜずに「あれすればよかった。」「こうしたらよかった。」って"たられば"な発言ばかりしてませんか?

 

それは現状の自分に満足できてないからなんですよ。

何も行動を起こせない人生ってつまらないですよね。

 

当たり前のことですが人生は"有限"で、人はいつか必ず死にます。

当たり前が故に、この意識を常に頭に入れている人って少ないんですよね。

 

人生は思っている以上に短いです。

あとで後悔しても遅いんですよ。

f:id:suger-bright:20170420234313j:plain

 

現状を変えたいという潜在意識が必要

「俺の人生はこれくらいだから。」という妥協した考えの人は別ですが、つまらない人生を変えたいっていう人もいますよね。

現状を変えるには、何としてでも人生を変えてやよう!という強い意志が必要です。

 

でも欲に弱いのが人間というもの。すぐ都合のいい方に転がってしまい結局はその意識さえも薄れてきてしまうんですよね。

毎日「変わりたい!」と自己暗示して潜在意識を持ったほうがいいです。

スポンサーリンク
 

 

年を取るごとに1年がとても早い

社会人になると特にわかることなのですが、1日が過ぎるのが早く、あっという間に1年が過ぎて「もう1年か。」と感じる事ってありますよね。

 

実はこの現象をジャネーの法則と言い、時間の精神的長さは年齢に反比例すると心理的に説明されています。

f:id:suger-bright:20170420234348j:plain

 

例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の1/50ほどですが、5歳児にとっては1/5に相当します。

つまり、50歳10日間の長さ5歳児で1日分にしか相当しないことになりますね。

 

驚かせること言うと、体感的には20歳までで人生の半分を終えているようです。

これは20歳以降から生涯を終えるまでの長い年月と同じという事になります。

 

歳を経るごとに体感時間が短くなるなんて驚きじゃないですか?

これはとても恐ろしい。

 

明日死ぬと思って毎日を生きればいい。

もし仮に明日あなたが死ぬとしたら、後悔はないですか?

僕は後悔ばかりあります。まだやり残してること沢山ありますから。

 

30代を迎えた僕はジャネーの法則通り、とても1日が過ぎるのが早く人生に焦りを感じています。

やりたいことがあるなら明日に持ち越しせず、今すぐにでもやるべきなんですよね。 

 

明日死ぬと思えば、後悔しないようにやらななきゃと切迫感を感じるはずです。

じゃなきゃ死ぬんだから。

スポンサーリンク
 

 

人生は有限。だから時間は大切に

毎日がずっと続くと思ったら大間違いなんですよね。

人生は有限なんですから。

いつまでも後回しにしていたら、あっという間に人生終わっちゃいます。

 

つまんない生活送って後悔したまま人生終えるのか。

毎日が楽しい!充実している!と人生を謳歌させて人生終えるのか。

 

あなたならどちらを選びますか?

明日やろうは馬鹿野郎だ!今日やらなきゃ後悔する事になる。